安全監視システム

安全監視システムで
指定エリアへの侵入を検知!

AsWatcher

カメラの映像から人物を検知し、
指定エリアへの侵入をアラート通知します。

人物を限定したり、手や足など体の部位単位での侵入設定が可能です。
いろいろな環境で危険な行動などを検知して事故防止をサポートします。

安全監視システムで
指定エリアへの
侵入を検知!
 
AsWatcher

カメラの映像から人物を検知し、指定エリアへの侵入をアラート通知します。
人物を限定したり、手や足など体の部位単位での侵入設定が可能です。
いろいろな環境で危険な行動などを検知して事故防止をサポートします。

いろいろな条件の設定・感度調整が可能です

特長-1
   監視区域の設定   
カメラの画角(視野角)内に、監視・検知するエリアを設定。指定エリアに人が侵入した場合にのみアラートを発出します。
特長-2
   アラート対象の認識   
指定エリア内に位置するのが「人」か「モノ」か「動物」か、あるいは侵入者が立入許諾者か否かを設定に基き識別します。
特長-3
  アラート条件の設定  
人体の部位判別により、手や足、又は片足か両足かなど、部位単位で細かく侵入判定を設定できます。


こんなところで活用していただけます。

病院の侵入禁止区域

病院内の隔離エリアや、放射線危険エリアなどへの未登録者の侵入を検知し、通報・アラートなどで危険を通知します。
 
 

 

病院のセキュリティ

新生児室や、薬品庫など関係者立ち入り禁止エリア内への不審者の侵入を検出して通知します。

高齢者の事故防止

高齢者の徘徊を検出したり、転倒・無断外出や、認知症患者の見守りなど、危険行為の事故防止に役立ちます。

工場・倉庫内の安全確保

自走ロボットの稼働区域への人の侵入防止やフォークリフト走行時に周囲に人がいないか監視し人が近づいてくるとアラートを鳴らします。
 
 

 

物流現場での安全確保

トラックバースでの安全確保。エリアと条件を設定し、人が侵入した時、アラートや回転表示灯などで危険を知らせます。

駅ホームでの転落事故等防止

駅ホームの端に敷設されている点字ブロックより線路側に人が立ち入ると、アラートが作動。線路への転落や列車との接触事故を未然に防ぎます。もちろん乗降中はアラート条件から除外されます。

美術館・博物館の監視

絵画、彫刻の芸術作品や高額品の展示など、あらかじめ画面上で立ち入り禁止エリアを設定。侵入を検知した時点でアラートを鳴らすなど、窃盗やいたずらの監視に威力を発揮します。
AsWatcherは(株)アスタリスクの製品です。