外観検査専用カメラ

マルチプルイメージャー

 

マルチプルイメージャー 

 
全ての欠陥検査を、一つの光学条件で一度に可能にする新技術

※音量にご注意ください。音声が流れます。

特長

省スペース・コスト削減・カメラ光軸設定が容易!業界初の画像取込技術

 
ワークの中で複数の欠陥(傷・異物・白もや等)を検査したい場合
これまではそれぞれに適した照明条件のステーションを設置し検査を行ってきました。
弊社独自開発のマルチプルイメージャーを用いることにより
1つのステーションで複数の光学条件による検査が可能です。
これにより検査スペースは削減でき、コストも抑えることができます。 

様々な欠陥を確実に検出!

通常のラインカメラでは一つの光学条件しか撮像できないため、異物とキズを同時に撮像することは困難。マルチプルイメージャーなら同時に撮像可能!

1つのカメラで最大8光学条件を設定でき、検査項目を追加したい場合もカメラや照明の追加購入や、更なる設置スペースは不要。

 
 

ラインカメラで苦労する光軸合わせが誰でも簡単に!

 
ラインカメラで調整する場合、調整中はワークを動かし続けなければならないことや、ワークを展開した画像での調整となるため、透過するワークの場合、表と裏が判別しづらい等により、技術者でも調整が難しく時間がかかる工程です。
マルチプルイメージャーの場合は、エリアカメラ画像でのピント調整が可能なため、欠陥が見えやすい場所をエリア画像からラインでダイレクトに選択することができます。そしてラインカメラモードに切り替えると、選択したラインでの画像が展開され全周の欠陥検出が可能なので、短時間で正確なカメラ調整が可能となります。

 
 

エリアとラインを共有するならではの最適な検査!

 

マルチプルイメージャーは、ラインカメラとしてもエリアカメラとしても使用することが可能です。例えば円筒形のワークの場合、天面と底面をエリアカメラで撮像し、側面をラインカメラで撮像するといった使い方ができるので、マルチプルイメージャー1台で全周を検査することが可能です。

マルチプルイメージャー参考事例

フィルム検査


明・暗視野画像を同時に撮像・検査
ステーション数削減→コスト減・省スペース化が可能

ボトル検査


散乱光・正反射光画像を同時に撮像・検査

ギア検査


従来は撮像できなかった、ギア側面部も同時検査が可能

チューブ検査


明・暗視野画像の同時検査により、検査能力向上


製品一覧

 

外観検査システム
画像処理装置

技術情報一覧