本文へ移動

卓上型外観検査装置 KENTABLE-J

卓上型外観検査装置 KENTABLE-J装置写真


熟練検査員の精度をカンタンに再現
さまざまな対象物に対応するカスタマイズも可能

特長

外観検査は人の目視による定性検査から検査機による定量検査

卓上型外観検査装置KENTABLE-Jなら、
検査製品の供給は人手で行い検査は全て機械に任せることができます。
外観検査において、このようなお困りごとはありませんか?
  • 熟練検査員に依存している
  • 検査員の育成や採用に苦労している
  • 検査品質が安定しない
  • 多品種少量の生産品で高額な設備投資はできない
矢印
KENTABLE-Jにお任せください
導入メリット
  • 最適化された検査環境を構築
  • 製品搬送は人手で行い、検査は自動判定
  • 熟練検査員ではなくても簡単に検査可能
  • 検査履歴が残ることにより製造工程を改善
  • 設備投資の費用が抑えられる

導入事例

対象業界/対象製品 例

医療業界

  • ボトル
  • ノズル
  • キャップ
医療業界事例 ボトル検査 ノズル検査 キャップ検査

自動車業界

  • 歯車
  • モーターハウジング
  • ゴムキャップ
自動車業界事例 歯車検査 ゴムキャップ検査

電気電子業界

  • 継手
  • コネクタ

電気電子業界事例 継手検査 コネクタ検査

鉄鋼金属業界

  • 金属パネル
  • シャフト

鉄鋼金属業界事例 金属パネル検査 シャフト検査

機能

各種設定から検査開始まで誰でも簡単操作

運転ボタンを押して検査ワークをセットするだけ!あとはKENTABLE-Jが自動で良否判定を行います。
検査装置 操作パネル
運転ボタンをタッチ
検査装置へのワークセット
手動でワークをセットし、検査ボタンまたはエリアセンサ―によって検査がスタート
検査結果
結果は上部モニターへ表示。
検査作業状況はあとからまとめて確認可能。(画像はイメージです)

KENTABLE-J 1台で多品種検査に対応!

通常、1品種ごとに1台の検査機が必要となる場合が多く設備投資が高額になりがちです。
KENTABLE-Jは1台で多品種に対応できるため導入コストが大幅に下がります。
3つの検査ユニットを用意
ツールレスにこだわり操作パネル上で設定が完結
全ての動作を柔軟にカスタマイズ可能でワークに合わせた検査シーケンスの構築ができます。
※最大8品種まで設定可能
縦置き検査仕様イメージ
縦置き検査仕様

  • 側面検査
    バー照明1台を点灯させ、2Kラインカメラ(M1)1台による画像取込~検査処理を行う。
  • 天面検査
    リング照明1台を点灯させ、0.3Mエリアカメラ1台による画像取込~検査処理を行う。
横置き検査仕様イメージ
横置き検査仕様

  • 側面検査
    バー照明1台を点灯させ、2Kラインカメラ(M1)1台による画像取込~検査処理を行う。
  • 天面検査
    リング照明2台を点灯させ、0.3Mエリアカメラ2台による画像取込~検査処理を行う。
平置き検査仕様イメージ
平置き検査仕様

  • 天面検査
    バー照明2台を点灯させ、2Kラインカメラ(M1)1台による画像取込~検査処理を行う。

製品仕様

*スリムタイプは横幅700
卓上型外観検査装置 KENTABLE-J図面

KENTABLE-J仕様

検査設備
仕様
外形寸法
W×D×H
*モニター含まず
標準モデル
850×700×690mm
スリムモデル
700×700×690mm
重量
標準モデル
約90㎏
スリムモデル
約75㎏
対象製品
縦置き
H:150mm~20mm φ:20mm~60mm
横置き
L:50mm~90mm/80~120mm/110mm~150mmのいずれか1種
φ:10mm~30mm
平置き
W:210mm×D:148mm×H:30mm(MAX)
品種数
8品種
検査動作
検査ボタンまたはエリアセンサ―によって検査開始
接続カメラ/照明
標準モデル
最大4ch接続
スリムモデル
最大2ch接続
検査項目
キズ、打痕、汚れ、異物 等
標準画素分解能
約0.15mm/pix
最小検出サイズ
0.3mm角
ユーティリティ
AC100V 15A 50/60Hz
(アース付きプラグケーブル 5m付き)
周囲温度
5℃~40℃
温度
30~80%RH(結露なきこと)

画像処理機仕様

画像処理機
仕様
プロセッサ
ARM Cortex-A15 1.4GHz Quad
OS
Linux Kernel 4.4.55cip3、Yocto Poky 2.0.1
メモリ
メインメモリ
2GB(システムと共用)
ストレージ
4GB eMMC
映像入力
方式・チャネル数
CameraLink(PoCL)・2CH
映像出力
方式・チャネル数
HDMI・1CH
解像度
640×480/60Hz、1024×768/60Hz、1280×720/60Hz
外部インターフェース
LAN
100Base-TX/1000Base-T 1CH
RS-232C
2CH
USB
USB3.0 Host 2CH
SDカード
SD/SDHC/SDXC、SpeedClass 2/4/6/10 1CH
絶縁型I/O
入力:16点(DC+12~24V)、出力:16点(DC+12~24V)
時計
RTC
電源
本体電源
DC+12V ±5%
カメラ電源
DC+12V ±5% (許容電流 0.4A/CH)
消費電流
最大 3.0A(カメラ電源非供給時)
デクシス拠点のあるプロバスケットチーム
千葉ジェッツふなばし パスラボ山形ワイヴァンズを応援しています