マルチコアSoCタイプ
高速画像処理ユニット 

MA-1000シリーズ

 
4つのコアによるCPU処理能力の向上とベクトル演算化した
検査アルゴリズムにより高速な画像処理を実現しました。

特長

マルチコアを使用することで画像検査を高速化
検査アルゴリズムをベクトル演算化することで高速化を実現
ビジュアルフロー画面によるティーチング
カメラ異種混合接続が可能(例:エリアカメラ+ラインカメラ)
オンラインティーチング
Windowsネットワーク共有による外部ストレージへの画像・データー保存
USB3.0による外部ストレージへの画像・データーの高速読み書き
ファンレス
設置面積55%ダウンのコンパクト設計(MI-3011比較)

ビジュアルフロー画面によるティーチング

設定の流れがわかりやすいビジュアルフローティーチングを採用。
初心者でも扱いやすい操作画面です。

 
 
品種設定はフロー画面に沿って設定が可能。
領域、前処理、マスク、各種設定は
ドラッグ&ドロップでコピーや削除が可能です

ハードウェア仕様

 
仕様 MA-1000
CPU/DSP ARM Cortex-A15 1.4GHz Quad
FLASH ROM 4GB eMMC
メモリー 2GB(システムと共用)
カメラ入力 カメラリンク(PoCL対応) 2ch
 BASE Configuration×2ch(コネクタ:SDR 26Pin)
インターフェース シリアル RS-232C 2ch
USB USB3.0 Host 2ch
LAN Ethernet 100Base-TX/1000Base-T 1CH
CFカード -
SDカード SD/SDHC/SDXC,SpeedClass 2/4/6/10 1CH
FAT32
PS-2 -
絶縁型 I/O 入出力各16点(MDR24pin、フェニックスコンタクトDMC0.5 24pin)
モニタ表示 HDMI 1CH(XGA)
OS Linux Kernel 4.4, Yocto Poky 2.0.1
wayland/weston GUI
環境対応 RoHS指令対応部品使用
外径(WDH)mm 169×137.7×45.2 (突起物を除く)
電源 DC+12V ±5%
消費電力 36W (カメラなし時)
重量 約655g
 
RoHS指令への取り組みについて
当社はRoHS指令(10物質)適合製品への切り換えを進めています。
個別の製品のRoHS指令への適合状況に関しましては、最寄りの当社営業所、もしくは営業担当までお問い合わせ下さい。

 

製品一覧

 

外観検査システム
画像処理装置

技術情報一覧